2008年07月18日

ダンサー紹介Eニーナ・アナニアシヴィリ

nina_photo.jpg17日の公演をご覧になって、ABTのゴージャスさ、オールスター・ガラの華やかさを実感なさった方がたくさんいらっしゃったことと思います。

その中でも「華やかさ」の代名詞のようなニーナ!
今までにも昨年のグルジア国立バレエ来日公演のブログでも、ニーナの話題、楽屋での様子などはお伝えしてきましたが、ニーナの優しさ、素晴らしさを、やはりお知らせしたいと思います。

まずは、一昨日のこと。
来日した次の日だったのですが、リハーサルのために会場に来たニーナ。楽屋に荷物を置くと、その足でスタッフルームに来て、前回グルジア国立バレエ公演の会場で集めた寄付のお礼を日本のファンの皆さんに伝えて欲しい、そして寄付金で購入したものを使ってバレエ学校で練習している子どもたちの様子を収めた映像があるから・・・とDVDを渡してくれました。(これが、一昨日ブログでアップしましたものです)
喜んでファンの皆さんに報告しますと答えたのですが、そう答えている間に、ニーナの素晴らしさと誠実さに、何だか目が潤んでしまいました。


nina_swan.jpgそして、今日のゲネプロでのこと。
「ドン・キホーテ」のパ・ド・ドゥを踊り、カーテンコールの段取りを確認した後、ピットにいるオーケストラに向かって「ありがとう!皆さん!ありがとう!」と大きな声でお礼を言っていました。指揮者だけにではなく、オーケストラのメンバー全員に・・・。もちろんお礼を言うダンサーは他にもいますが、よく上演される「ドン・キホーテ」でこんな風にするなんて、とてもニーナらしいと思ったのでした。
ピットからとっても大きな拍手がおこったことは言うまでもありません。

そしてこれはニューヨークでのこと。
クラスレッスンを見学してリハーサル室から出ようとした時、ひとりで残ってレッスンしていたジリアン・マーフィーに、ちょうど通りかかったニーナが少しアドバイス。よくは判らないのですが、回転から次の動きに入るところを、どのようにしたらスムーズにできるか・・・という部分だったようです。ジリアンが「えっこうするの?」という風に質問して「そうそう、こんな感じに・・・」とニーナ。ちょっとのはずが、熱心なジリアンと人を放ってはおけないニーナのこと、しばらくの間一緒に練習をしていました。
と、舞台裏でも素敵なニーナですが、やはり一番輝くのはステージ!


ABTとは最後の来日公演になる今回を、お見逃し無く!

本日(18日)のガラ公演にも「瀕死の白鳥」出演します!お見逃しなく。
19日(土)の≪海賊≫は完売御礼。
24日(木)追加公演≪白鳥の湖≫はまだ全席がございます。お早めに!
(当日券発売 11:45/前売は23日18:00まで)
  S席=△
  A席=○
  B席=○
  C席=○
  D席=×
  E席=×



posted by JAPAN ARTS at 13:09| ダンサー紹介 | 更新情報をチェックする

ついに開幕!リハーサル・レポート

7月17日、待ちに待った開幕の日です。
2日目の演目なども盛り込んだガラのリハーサルに行ってきました。

まず、びっくりしたことがスタッフもダンサーもみんな気さくな方ばかり!
目が合うとウインクしてくれたり、「ハイ!」と声をかけてくれたり。
ダンサー同士も仲が良さそうで、「カンパニー」=「家族」なんだろうな、と思いました。

リハーサルはというと、ダンサー達が入念に振り付けのチェックをしていました。
写真を撮りましたのでご覧下さい!
(会場は暗くて早く動き回るダンサー達。。。ぶれてますがご容赦ください。)

P7172940.jpg
18日の≪海賊≫ 第2幕のパ・ド・ドゥ (レイエスとカレーニョ)
しっかりと踊るレイエス。17日も出番のあるカレーニョは軽く動きをチェック。
でも、最後のキメポーズはばっちり!

P7172944.jpg
ニーナは「ドン・キホーテ」と「瀕死の白鳥」のリハーサルをしました。
自分の出番が終わるとオーケストラとスタッフに舞台の上から「ありがとう!」とお礼言っていました。
本当に優しいニーナ。人柄の良さについてはダンサー紹介で詳しく書きたいと思います。

P7173022.jpg
後半はトワイラ・サープの新作「ラビット・アンド・ローグ」
音楽はスピーカーとオーケストラの音を合わせているそう。
一部のオーケストラはヘッドフォンをして音を聞きながら演奏しているとか。
最初の音を合わせるのが難しく、リハーサルでは何度かチェックしていました。

P7173015.jpg
ジリアンとホールバーグ。

P7173114.jpg
最後のポーズ。全員が集まり、壮観!

また、本日のガラ公演はまだチケットがございます!
発売時間をご確認の上、是非お越し下さい!

7/18(金)19:00開演「オールスター・ガラ」
(当日券発売 17:45/前売は当日14:00まで)
  S席=△
  A席=○
  B席=○
  C席=○
  D席=×
  E席=×
posted by JAPAN ARTS at 11:58| レポート | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

本日のキャスト

blog_QR.gif2008年7月17日(木) 7:00p.m〜9:20p.m.   
オールスター・ガラ
  
※このブログを携帯からご覧になることができます!
 当日のキャスト表など気になる情報もいち早くご覧になれます。
 携帯で右のQRコード撮影してください。

  
≪ラ・バヤデール≫ 第1幕のパ・ダクシオン  [15分]  
振付:ナターリヤ・マカロワ/音楽:ルートヴィヒ・ミンクス/衣裳:セオニー・V・オールドレッジ/照明:小川俊郎  

ミシェル・ワイルズ  デイヴィッド・ホールバーグ  
イザベラ・ボイルストン,マリアン・バトラー,アン・ミルースキー,レナータ・パヴァム,マリーヤ・ブイストロワ,メラニー・ハムリック,メリッサ・トーマス,リーヤン・アンダーウッド,アレクサンドル・ハムーディ,コリー・スターンズ  
ニコラ・カリー,ツォンジン・ファン,ニコール・グラニーロ,エリザベス・マーツ,エリーナ・ミエッティネン,ジェシカ・サーンド,クリスティーン・シェヴチェンコ,サラ・スミス,デヴォン・トイチャー  
メアリー・ミルズ・トーマス,カレン・アップホフ,キャサリン・ウィリアムズ,グレイ・デイヴィス,トビン・イーソン,ケネス・イースター,ダニエル・マンテイ,アレハンドロ・ピリス=ニーニョ,アロン・スコット  



≪マノン≫ 第1幕のパ・ド・ドゥ  [6分]  
振付:サー・ケネス・マクミラン/音楽:ジュール・マスネ/衣裳:ニコラス・ジョージアディス  

ジュリー・ケント  マルセロ・ゴメス  


 
≪白鳥の湖≫ 第2幕のグラン・アダージオ  [8分]  
振付:マリウス・プティパ/音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー/衣裳:ザック・ブラウン  

イリーナ・ドヴォロヴェンコ  マキシム・ベロセルコフスキー  
カリン・エリス=ウェンツ,レナータ・パヴァム,アン・ミルースキー,ジャクリン・レイエス,ヒー・セオ,クリスティ・ブーン,マリーヤ・ブイストロワ,カレン・アップホフ  
ユン・ヨン・アン,ジェマ・ボンド,イザベラ・ボイルストン,ニコラ・カリー,ツォンジン・ファン,ニコール・グラニーロ,イサドラ・ロヨラ,アマンダ・マグウィガン,シモーン・メスマー  
エリーナ・ミエッティネン,ローレン・ポスト,サラ・スミス,サラワニー・タナタニット,デヴォン・トイチャー,メアリー・ミルズ・トーマス,リーヤン・アンダーウッド,ジェニファー・ウェイレン,キャサリン・ウィリアムズ 


 
≪シナトラ組曲≫  [15分] *録音テープによる音楽です  
振付:トワイラ・サープ/舞台指導:エレイン・クドー/衣裳:オスカー・デ・ラ・レンタ/照明:ジェニファー・ティプトン  
歌:フランク・シナトラ  
“夜のストレンジャー” “オール・ザ・ウェイ” “ザッツ・ライフ” “マイ・ウェイ” “ワン・フォー・マイ・ベイビー (アンド・ワン・モア・フォー・ザ・ロード)” 

ルチアーナ・パリス  マルセロ・ゴメス
  

   
≪ドン・キホーテ≫ 第3幕のパ・ド・ドゥ  [10分]  
振付:マリウス・プティパ,アレクサンドル・ゴールスキー/音楽:ルートヴィッヒ・ミンクス/衣裳:サント・ロクァスト 

ニーナ・アナニアシヴィリ  ホセ・マヌエル・カレーニョ  
★アンヘル・コレーラが怪我により来日できないため、出演者が変更になりました。★  

[休憩 25分] 

  
≪ラビット・アンド・ローグ≫  [45分] *日本初演  
振付:トワイラ・サープ/音楽:ダニー・エルフマン/衣裳:ノーマ・カマリ/照明:ブラッド・フィールズ  
音響デザイン:ダン・モーゼス・シュライヤー/振付補佐:キース・ロバーツ  

ローグ (ならず者) : イーサン・スティーフェル
ラビット (紳士) : エルマン・コルネホ
ラグ・カップル : ジリアン・マーフィー,デイヴィッド・ホールバーグ
ガムラン・カップル : パロマ・ヘレーラ,ゲンナジー・サヴェリエフ
カルテット : 加治屋百合子,マリア・リチェット,カルロス・ロペス,クレイグ・サルステイ.ン
アンサンブル : クリスティ・ブーン,マリアン・バトラー,ミスティ・コープランド,シモーン・メスマー,ジャクリン・レイエス,サラワニー・タナタニット
 トーマス・フォースター,ジェフリー・ガラデイ,アレクサンドル・ハムーディ,ブレイン・ホーヴェン,パトリック・オーグル,アイザック・スタッパス

【序曲】〜【1. 浮かれ騒ぎ】ローグ,ラビット,アンサンブル,カルテット 〜  
【2. ラグ】ラグ・カップル,カルテット,アンサンブル,ローグ 〜 【3. リリック】ラビット,カルテット&アンサンブル,女性,ローグ 〜  
【4. ガムラン】ガムラン・カップル,カルテット,アンサンブル,ラビット,ローグ 〜  
【5. フィナーレ】ラビット,ローグ,ラグ・カップル,ガムラン・カップル,カルテット,アンサンブル


 
指揮:  デイヴィッド・ラマーシュ / オームスビー・ウィルキンス (ラビット・アンド・ローグ)
管弦楽:  東京ニューシティ管弦楽団
  
* 出演者は変更になる場合がございます。  
* カーテンコールを含め、場内での写真撮影・録音・録画等は固くお断りいたします。他のお客様や出演者に迷惑となるこうした行為には多数の苦情が寄せられてい  
   ます。これらの行為に対してはカメラや記録装置等の機材をお預かりし、フィルム、テープを無償提供いただきます。また状況によりご退場いただくこともございます。  
  公演会場でのマナーをぜひともお守り下さいますよう、改めてお願い申し上げます。  
* 客席内での携帯電話の使用も固くお断りいたします。客席内では、必ず電源をお切り下さい。  
* 座席から身を乗り出しての鑑賞は、後方の方の視界を遮ることがありますのでご注意下さい。  
* 音楽の余韻もどうぞお楽しみ下さい。  
posted by JAPAN ARTS at 11:57| キャスト表 | 更新情報をチェックする

各公演日の当日券情報

7/16時点です。
残券状況は変わることがございます。

チケットのお問合せはジャパン・アーツぴあ
03-5237-771

7/17(木)19:00開演「オールスター・ガラ」
(当日券発売 17:45/前売は当日14:00まで)
  S席=×
  A席=△
  B席=△
  C席=△
  D席=×
  E席=×


7/18(金)19:00開演「オールスター・ガラ」
(当日券発売 17:45/前売は当日14:00まで)
  S席=△
  A席=○
  B席=○
  C席=○
  D席=×
  E席=×
 
 
7/19(土)18:30開演「海賊」
(当日券なし)
  S席=×
  A席=×
  B席=×
  C席=×
  D席=×
  E席=×


7/20(日)13:00開演「海賊」
(当日券発売 11:45/前売は19日18:00まで)
  S席=△
  A席=△
  B席=○
  C席=○
  D席=×
  E席=×


7/20(日)18:00開演「海賊」
(当日券発売 16:45/前売は当日14:00まで)
  S席=△
  A席=○
  B席=○
  C席=○
  D席=×
  E席=×


7/21(月)13:00開演「海賊」
(当日券発売 11:45/前売は20日18:00まで)
  S席=×
  A席=○
  B席=○
  C席=○
  D席=×
  E席=×


7/23(水)18:30開演「白鳥の湖」
(当日券発売 17:15/前売は当日14:00まで)
  S席=△
  A席=○
  B席=○
  C席=○
  D席=△
  E席=×


7/24(木)13:00開演「白鳥の湖」
(当日券発売 11:45/前売は23日18:00まで)
  S席=△
  A席=○
  B席=○
  C席=○
  D席=×
  E席=×


7/24(木)18:30開演「白鳥の湖」
(当日券発売 17:15/前売は当日14:00まで)
  S席=△
  A席=○
  B席=○
  C席=○
  D席=△
  E席=×


7/25(金)13:00開演「白鳥の湖」
(当日券発売 11:45/前売は24日18:00まで)
  S席=△
  A席=○
  B席=○
  C席=○
  D席=△
  E席=×


7/25(金)18:30開演「白鳥の湖」
(当日券発売 17:15/前売は当日14:00まで)
  S席=×
  A席=○
  B席=○
  C席=○
  D席=×
  E席=×

posted by JAPAN ARTS at 11:35| 当日券情報 | 更新情報をチェックする

ダンサー紹介Dコリー・スターンズ

Stearns.jpgプリンシパルたちが次々と登場したこのシリーズ、ここで今年のMETシーズン最大の話題、コーリー・スターンズをご紹介します。
日本ツアーでも、20日「海賊」公演でコンラッド役で主役デビューするコーリー・スターンズ。現在22歳!コール・ド・バレエに所属しています。

体を動かすことが好きな両親のもと、「音楽性や上品なふるまいを身につけられるように」ということで、母親にバレエ教室に行ったのが3歳のとき。その後本格的にバレエを習いたいと思ったのが5歳。学校で友達にからかわれたり、彼の踊りを観て励ましてくれる先生がいたり、と紆余曲折を経て英国ロイヤル・バレエ学校に留学。
ABTのスタジオ・カンパニー(現在はABTU)に2004年、ABTには2006年の1月に入団しました。

素顔はまだ初々しい雰囲気のスターンズですが、モデルとしてカイリー・ミノーグのプロモーション・ビデオに登場したこともあるそう。

今シーズンは「海賊」のコンラッドの他、NYではトワイラ・サープの作品の準主役に抜擢されるなど、今から目をつけておいていただきたいダンサーの筆頭です。
Stearns2.jpg

Photo:KATSUYOSHI TANAKA

以前にもコリー・スターンズの記事をアップしました。こちらから

posted by JAPAN ARTS at 11:06| ダンサー紹介 | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

ニーナ、元気に来日

「ハーイ!」と元気よく声をかけてくれたニーナ。
昨日、元気に来日しました!
そんなニーナからある物を受け取りました。

覚えてますか?昨年グルジア国立バレエを率いてニーナが来日した時の事。
会場に「「ニーナ・アナニアシヴィリ財団」の募金箱を設置し、皆様から多くのご支援を頂きました。
≪その時のご報告はこちら
その資金でグルジアでバレエを学ぶ子供たちの発表会を開くことができたそうです。

ニーナが持ってきたものは発表会の動画を収めたDVD。
「日本のみなさんにお見せしたい。」とのことなのでご紹介したいと思います。
posted by JAPAN ARTS at 19:02| 動画 | 更新情報をチェックする

プレトークを開催!

20日夜公演、開場時(17:15から)にプレトークを開催!
芸術監督のケヴィン・マッケンジー、マルセロ・ゴメスが舞台上から
ABTの魅力、今回初演されるマッケンジー版「白鳥の湖」についてお話します。
もう一人のスペシャル・ゲスト(女性ダンサー)もスケジュール調整中ですので、
どうぞご期待ください。
posted by JAPAN ARTS at 18:03| ニュース | 更新情報をチェックする

ABTは衣装もゴージャス

次々と大量に運ばれてきた衣装の数々。
近くで見ると刺繍やビーズが細かく施されていて本当に美しい!
ゴージャスな衣装や舞台セットはABTの見所の1つです。
是非、ご注目ください。

isyou01.jpg
ラビット・アンド・ローグの衣装
手前はマーフィーが着るものだそう。

isyou02.jpg
沢山の衣装!
これはほんの一部です。

isyou03.jpg
2005年来日記念の看板。
もう、あれから3年も経ったのですね。
2008年はどんな歴史を刻んでくれるのでしょうか。楽しみです。

posted by JAPAN ARTS at 17:17| レポート | 更新情報をチェックする

ダンサー紹介Cイリーナ&マックス

paty.jpg昨日来日したダンサーたちの中で、もっとも元気だったのはイリーナ・ドヴォロヴェンコとマキシム・ベロセルコフスキーの二人。

そうそうにチェック・インを済ませ、荷物を運び込んだ後は、ロビーにいる事務局のメンバーと話したり、ホテル周辺のレストラン情報をチェックしたり・・・「とーっても楽しみにしていましたぁ!」と飛び回りそうな勢い。

プリンシパル・ダンサーの中でも、最もセレブ度が高く、ファッション誌の表紙を飾ったり、パーティーシーンで見かけられることが多いカップル。(そういえば今年の春には、「25ans」でもオスカー・デ・ラ・レンタのドレスを着たイリーナが紹介されましたね)
実はこの二人、もともとキエフ・バレエ(ウクライナ)のトップ・ダンサーだったのですが、新天地を求めてニューヨークに移住。最初はコール・ド・バレエとして契約し、再びキャリアを築いてきたのです。
だからというわけではありませんが、二人に取材していると、華やかな世界の裏にある日々の努力、自分の踊りに対する厳しさをとても強く感じます。

特に印象的だったのは「もし一人だったらニューヨークに来て、ABTに入って、ここまでがんばることができたか、判らない・・・」という言葉。「二人で励ましあい、お互いの踊りをチェックし、磨きあってきたからこそ、今がある」としみじみと話してくれました。
1991年からずっと一緒に踊り続け、アイコンタクト、息遣い、空気でそれぞれの動きが判るという二人は、今年結婚15年目。
二人が踊る「白鳥の湖」からは、どのような「愛」を感じることができるのでしょうか?

ところで、マッケンジー版「白鳥の湖」の最後に白鳥と王子が身を投げるシーンですが、二人によると、あの演出は「音楽そのもの、あの曲想があのシーンを決定づけている」とのこと。
sldvorobelos.jpg 
ただし、「いかに美しいポーズのまま身を投げるか」が非常に重要で、難しいそう。ニューヨークで初演されたころは、あの飛び込みシーンを何回も練習したそうです。
(ダンサーたちが飛び込む横で、舞台スタッフたちはオリンピックよろしく“10点”“9点”などとカードを出して楽しんでいた、とも笑いながら教えてくれました!)

とにかく、名前が長くて覚えにくい二人。
ABT内では二人のことを「イリーナ&マックス」と呼んでいますので、これからはこの呼び方でキマリですね!

posted by JAPAN ARTS at 17:03| ダンサー紹介 | 更新情報をチェックする

キャスト変更のお知らせ

7月16日現在、以下の通り変更がございますので、お知らせいたします。


★アンヘル・コレーラは怪我のため来日ができなくなりました。
 そのため以下の通り出演予定に変更がございます。
 なにとぞご了承をいただきますよう、お願い申し上げます。

≪オールスター・ガラ公演≫
  ●7月17日(木)19:00
    「シナトラ組曲」 ホセ・マヌエル・カレーニョ → マルセロ・ゴメス
    「ドン・キホーテ」 アンヘル・コレーラ → ホセ・マヌエル・カレーニョ 

      *出演者変更に伴い、下記の順序で上演いたします。
     「ラ・バヤデール」
       「マノン」
          「シナトラ組曲」
          「白鳥の湖」
          「ドン・キホーテ」
          休憩
          「ラビット・アンド・ローグ」 

  ●7月18日(金)19:00
    「メリー・ウィドウ」 マルセロ・ゴメス → ホセ・マヌエル・カレーニョ
    「シナトラ組曲」 アンヘル・コレーラ → マルセロ・ゴメス


≪海賊≫ アリ役
  ●7月19日(土)18:30 ホセ・マヌエル・カレーニョ
  ●7月21日(月・祝)13:00 エルマン・コルネホ

≪白鳥の湖≫ ジークフリート王子役
  ●7月25日(金)18:30 イーサン・スティーフェル

『びわ湖公演≪オールスター・ガラ≫』
  ●7月26日(土)18:00
    「ドン・キホーテ」 アンヘル・コレーラ → エルマン・コルネホ
    「ラビット・アンド・ローグ」 エルマン・コルネホ → サッシャ・ラデツキー

『大阪公演≪海賊≫アリ役』
  ●7月27日(日)15:00 ホセ・マヌエル・カレーニョ

以上、ご了承をいただきますよう、お願い申し上げます。


なお、予定キャスト表はホームページを参照してください。


★7月16日現在、このほかに変更はございません。
  予定出演日・来日ソリストは、今後も変更になる場合がございます。
  公演日ごとの最終的な出演者は当日発表とさせていただきます。
  出演予定者・演目に変更がありましても、お求めいただきましたチケットのキャンセルや
  公演日の振替等はお受け致しかねますので、あらかじめご了承下さい。

posted by JAPAN ARTS at 13:00| ニュース | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。