2008年07月23日

7/23「白鳥の湖」リハーサルと本番

「海賊」の興奮冷めやらぬ中、いよいよ「白鳥の湖」がスタートしました。
公演前のリハーサルをチェック!

1幕:カレーニョ 他
P7233744.jpg
オデットとロットバルトが出会う印象的なシーンから始まりました。
ジークフリート王子役のカレーニョが、チャイコフスキーの優美な音楽にあわせて、華麗な踊りを披露。
ニーナ&カレーニョのペアは24日(木)13:00〜

P7233756.jpg
何色もの美しいリボンとデザイナーが苦労を重ねて作った色とりどりの衣装があいまって、絵画のような美しさを醸し出しています。

2幕:ドヴォロヴェンコ、ベロセルコフスキー 他
P7233791.jpg
静かな月夜を描写した舞台セットに、息がぴったり合った美男美女ペアがとても映えました。その美しさにはため息が出るほど。
このペアは明日24日の18:30〜の回に登場します。愛のパ・ド・ドゥは必見です。 

P7233807.jpg
オデット、王子、ロットバルトが揃うシーン。この後の悲劇を予感させる印象的な場面です。

P7233858.jpg

3幕:ヘレーラ、ホールバーグ、サヴェリエフ 他
舞踏会のシーンは豪華なセットに圧倒!重厚感たっぷりのドアから紳士ロットバルトが登場。
サヴェリエフのロットバルトは、男の色気たっぷりで観ている方も魅了されます。力強いジャンプも注目です。
このペアが踊るのは25日(金)13:00〜、サヴェリエフは24日18:30〜に出演

4幕:マーフィー、スティーフェル 他
可憐なジリアン・マーフィーと若々しいイーサン・スティーフェルがより悲劇性を強調。二人の演技力は大注目です。
P7233974.jpg
出演日は最終日を飾る25日(金)18:30〜

特筆すべきは、コールドの美しさ。夜が明けていくラストシーンは圧巻です。
百聞は一見にしかず。ぜひその目でマッケンジー版「白鳥の湖」を確かめて下さい。

P7233818.jpg



今日の公演はジュリー・ケント、マルセロ・ゴメス、デイヴィッド・ホールバーグでした。

ケントの繊細で美しいオデット姫に鳥肌が立ちました。
完璧に役になりきったゴメスやホールバーグの踊りも圧巻!
ホールバーグは25日13:00〜王子役で登場します。

公演終了後のサイン会。
P7233981.jpg
彼女の踊りに心奪われたファンが行列をつくりました!
丁寧に一人一人に声をかけるジュリー・ケントでした。


posted by JAPAN ARTS at 17:00| レポート | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。